京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  西京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2010年03月31日

春なのに、寒いです。

なかなか暖かくなりません。
どうしたら、安定した暖かさが来るのでしょうか?

去年もこんなんだったかな?と思いながら去年は、外では仕事していませんでしたし、
ここまで天候を気にしたことがなかったのかわかりませんが、去年より寒いような気がします。
 
今日はキムチの簡単なつけ方です。

まず最初は白菜で勝負しましょう。一番食べたことのあるキムチのはずです。

白菜      1/2個 
塩       30g
唐辛子の粉   1/2カップ
にんにくおろし 大匙2
煮干だし    1/2カップ

白菜は鬼葉をはずし、たてに半分に切ります。(芯はつけたまま)
葉の間一枚ずつに塩をすり込んでいきます。
重石をして一日から半日しんなりするまで、白菜の塩漬けを作ります。

唐辛子粉、卸にんにく、煮干だしは冷ましたものを使います。
(だしは、ホンダシ系でもOKです。)そのほうが美味しくできるかも
唐辛子、卸にんにく、だしは、フードプロセッサーを使い混ぜ合わせます。
ここで、キムチのベースができます。(冷蔵庫保管2週間ぐらいOK)

先ほど漬けた、塩漬けの白菜は塩分を確認し、しょっぱければきれいに周りを
洗い、塩分を調整しましょう。浅漬けで食べれるくらいの塩分にします。

そこにキムチのベースを葉の一枚一枚にすり込んで息冷蔵庫で2日寝かせれば、
そこそこのキムチができます。

一度お試しください。

当然発酵食品です。管理をしっかりしないとすぐに酸っぱくなります。

まる担 おがわでも「あるとき、ないとき」はありますがたまにあります。

 






























































































































































































































































































































































































































































































































  

Posted by まる担 おがわ at 16:21Comments(2)レシピ

2010年03月25日

寒さ暑さも彼岸まで

またまた更新期間があきあきになってしまいました。

日々のスケジュール管理がちゃんと、できていないせいです。

毎日しないといけないことは決まっているのにできていない情けない限りです。
 
今やっと雨があがりました。

いやな空気が今流れています。

雨が上がったのは非常にありがたいのですが、寒そうです。
「風が冷たいです。」今作りたてのラー油が横にあるのですが、
冷たい風に乗って、ほほをすごく刺激します。

明日からは暖かくなると予報は言っておりますが、
週末は最後の冷え込みとも週間予報はなってます。

昔から寒さ暑さも彼岸までと言いますが、彼岸はもう終わりそうです。

これから暑くなると、いつまで暑いねんとブログに書きそうですが、
今は虫が飛ばなくて、少し安心しています。

陽もこれからはどんどん長くなり、19時を過ぎても明るい時期には
サマータイムも考えないといけません。

きていただいているお客様にご迷惑のかからない時間変更と、
利用時間をマッチングさせることが大切だと思います。

日が進むにつれ、新しい課題が持ち上がり、解決したらまた現れの
繰り返しですが、少しずつは、よくなっていると思っています。

卒業、就職を迎えた学生の方々も最後の担担麺といいながら、
食べていかれていきました。

さびしいですが、これからの日本を変えられる力と頭脳を持った方々ですので
お会いできたことが、幸せだと思います。

いつものごとく、グダグダの文章ですが手もかじかんできましたので失礼します。

次回は超簡単自家製キムチなど載せて見ようかと思っています。

   

Posted by まる担 おがわ at 19:07Comments(1)屋台課題

2010年03月21日

20数年ぶりの再開!!

本日の朝びっくり!!
20数年前、働き出して間もない私が、当時大人ぶって通っていた。
スナックがあり、そこのママさんが(もう20年前に人に譲って、ご結婚されていますが)
突然のご来店。わざわざ徳島からの来京です。

ご主人にも徳島時代、若造の私に何かとご親切にしていただき。
久しぶりの再開に喜びましたが、なにぶんばたばたとしており、
ろくにお話もできませんでした。

年賀状は20数年間欠かさず送っておりましたが、なかなか声をお聞きすることはありません
でした。ママさんの徳島弁が懐かしくも、20数年前にタイムスリップしているようでした。

日々は勝手に流れていきますが、やはり一期一会その瞬間瞬間を大切に生きていけば、
必ず、楽しくも懐かしい、出会いに結びつくものだなと付く付く思いました。

一期一会 まる担 おがわ  

Posted by まる担 おがわ at 17:57Comments(0)エンジェル

2010年03月20日

今日は、風がすごく吹いてます。

今日は、豚の角煮です。

とろとろの角煮は、ご飯にも、お酒にも良いです。一度お試しください。

豚バラかたまり    350g
スペアリブ      350g(豚バラ700gでもOK)

ねぎ         2本
しょうが       少々

しょう油       200cc
砂糖         200g
水          2000cc

水溶き片栗      適量

後は時間との勝負です。

1、豚バラ、スペアリブは、水洗いし、30分ほど、葱の先、生姜の皮といっしょにたっぷりの水で
ボイルします。ことことボイルしましょう!残ったスープは濁ってなければ、ラーメンに使えます。
ここでもあくは丁寧に採りましょう。

2、ボイルできた、豚肉は、水洗いし、好きな大きさに切ります。

3、水2000cc、砂糖、しょう油を入れ、豚肉を入れます。
  葱一本分を、3cmぐらいに切り、しょうがはスライス2枚ぐらい入れて
  キッチンペーパーで落し蓋し、あくをとりながら、弱火で2時間コトコト煮ます。

4、葱一本を、糸切りにし、水でさらして、水を切っておきます。

5、ゆで卵、たけのこ、大根、などと一緒に煮るとなお美味になります。

6、汁を切った豚肉、葱をお皿に盛り付け、煮汁を片栗で止めます。

7、6を盛り付けた、角煮の上に掛、切った葱をトッピングして、出来上がりです。

8、残った汁は、何でも煮込んで美味しくいただいてください。


今日の肴は、たけのこと豚の角煮です。

一度試してください。(圧力鍋は使い方を知りませんすいません。)

 


  

  

Posted by まる担 おがわ at 15:55Comments(2)レシピ

2010年03月19日

息子も本日卒業!

我が息子も、本日小学校を卒業します。

あまり、実感がわかないのですが、もう中学生?
やっと中学生?になるのです。

早いものです。

こうやって、どんどん月日は無常にも流れていき、
出会いと、別れを繰り返していくのだと思います。

まる担 おがわの心情でもある、「一期一会」
まさに、出会いと別れ、その瞬間の出会いを精一杯生きないといけません。

その瞬間は、二度と戻って来ません。

新しくお越しになるお客様には、もう一度来ていただくために
精一杯の担担麺を。

いつも来られてるお客様には、いつもと変わらぬ味を。

いっぱいの担担麺に誠心誠意心を込めて作っていかないといけないことを、
こう言う節目の時期は尽く付く思います。

初心わするべからずですが、人間は忘れる動物ですので、忘れる前に
もう一度、覚える、思い出すの連続だと思います。

なかなか子供と今まで接してやれず、日曜日には遊んでもやれずの日々でしたが、
卒業式ぐらいは、少しは親らしく出席しようと思います。

この三月に卒業される方に、

「卒業おめでとうございます。新しい一歩をしっかりと踏み出してください。」

祝卒業!!でした。

 
  

Posted by まる担 おがわ at 04:34Comments(1)人として

2010年03月13日

青空!!!!祝卒業、祝就職!!

やっとここ二日、青空が、広がりました。



屋台から、東南方向の空です。なんかすがすがしいです。

でも、春の(かな?)空は、三寒四温のはず。

今は、四寒三温、すごく気まぐれです。



まる担おがわにも、春が近づきつつあるのか、

ありがたいことに、再来店していただき、辛さをご指定していただくことが増えました。

酸辣湯麺のご注文も増え、辣!!!メニューが少しずつでは、

ありますが広がりを勝手に感じています。

追求していく味の道のりはまだまだ、歩き始めたばかりで、先など見えませんが

日々、一歩ずつしっかり、進んで行きたいと思います。

また、この時期は、出会いと別れの時期でもあり、昨年オープン以来、

通っていただいた、学生の方々の中にも、卒業、就職の方がいらっしゃいます。

この不況の中、日々の努力と、今までの成果が、実を結び大変喜ばしいことであります。

ただその反面せっかく、お話しのできるようになった、方々との別れは正直さびしいです。

またどこかで、偶然お会いできて「あっ!担担麺のおっさん」と声をかけられたら

その場で涙が出るくらい感動するのだと思います。

厳しい世の中に4月から旅立ち、色々なことを経験し、

喜び、笑い、泣き、怒り、悲しみ、そしていっぱい楽しむのだと思います。

私の場合は、これまで、ナカナカまっすぐに歩いてきませんでした。

今やっと真っ直ぐ歩準備が少しずつできたところです。

残りの人生少しでも真っ直ぐに歩けたらいいと思います。



就職される方は、今の気持ちと、これからの出会いを大切に、

ゆっくり「一歩」「一歩」真っ直ぐ歩いていただけたらと思います。

まる担 おがわも10年に一度ぐらい、「変な!屋台昔あったよね。」と

思い出していただいたら幸いです。

ICON147ICON144おめでとうございます。ICON59

一期一会 まる担 おがわ






  

Posted by まる担 おがわ at 03:46Comments(3)人として

2010年03月11日

やっと雨あがりました。

この長雨には、少し、やられました。

まだまだ修行と、努力が足らない感いっぱいです。

あせりと、寒さはこたえます。

雨と急な寒さに負けないように、もっともっと

担担麺に磨きをかけないといけません。

まる担 おがわの雨攻略方は、雨、寒さに負けない

担担麺の味です。お客様が、あそこの担担麺を

食べたいと思われなくてはいけません。

まだまだです。

テントの張りなおしと、そろそろ、道路側の

虫除けネットを張らないとやばそうです。

塗装工事中みたいになってますが、営業してます。

   

Posted by まる担 おがわ at 07:10Comments(2)屋台課題

2010年03月10日

寒いです!!!!

冷たい雨が、降っています。キビシーィ~

一雨ごとに暖かくなるはずの雨ですが、雪が降っているところもあり
大変です。

晴れの日ばかりでは、作物も困りますが、こう雨が降ると大変です。

暖かくなるころには、少しさっぱりしたメニューも開発しないといけません。

現在考案中は、ビビン麺風か、韓国風冷麺をまる担風に、アレンジしたいです。

どこまで開発できるかはわかりませんが、さっぱりまる担冷麺をがんばります。

まだまだ寒いので、体の温まる辛い担担麺もまだまだ健在。

真夏でも担担麺がやっぱり、まる担おがわの看板には変わりないのですが、

あまり大きな風呂敷も広げられないので、まず担担麺をメインに

徐々にがんばります。

今日は、まる担特製 甜麺醤(テンメンジャン)を1つ書き加えます。

八丁味噌          500g
濃口醤油          30cc
日本酒           50cc
砂糖            230cc
水             200cc
純正の胡麻油        40cc
白絞油(サラダオイル) 60cc

①ボウルに水、醤油、酒に砂糖をよく溶かす。
②大きな鍋で八丁味噌に①であわせたものを、よく混ぜ合わせる。
③火をつける前によく底から混ぜる。(八丁味噌がだまになって無いように)
④中火でよく底から混ぜながら、沸騰させていく。
⑤沸騰してきたら、急に味噌が重たくなり、手に飛び散ってくる。
⑥根気よく照りと粘りが出るまで練る。(約15分から20分)
⑦合わせた油を、30ccずつ練りこむ。(3回に分けて入れる)
⑧最後の油が馴染んだら、火を止めて、少しの間底からよく混ぜ合わせる。

きれいな蓋付の入れ物に入れて、冷蔵庫に入れましょう。1ヶ月ぐらいは
ちゃんと練りこめていたら持ちます。

ちょっと楽しい中華料理をまる担特製 甜麺醤使って紹介します。

合挽きミンチのレタス包みをご紹介!

合挽きミンチ        200g
胡椒            少々
白絞油(サラダオイル) 大匙1
濃口醤油          大匙1          
日本酒           大匙1  
甜麺醤           大匙2

鍋に、サラダオイルをしき、ミンチを炒めます。
胡椒を少々二振りぐらい入れたら、ばらばらになるまで
よく炒めます。
濃口醤油、日本酒、甜麺醤を入れ、スープが透明になるまで
よく炒めます。

担担麺に載っている、肉味噌の完成です。

包むレタスを用意いたしましょう。芯をくりぬき、
一枚、一枚はずします。お好きなだけ用意したら
手のひらサイズのレタスでしたら、2~3枚に切り分けましょう。

後は、人参、たけのこ、三度豆、ジャガイモ、しいたけ、何でも冷蔵庫にある野菜を
荒ミジンに切ります。あまり大きいとレタスで包みにくいし、ミンチより少し大きいぐらいで

切った野菜は一度ボイルしましょう。
鍋に、小匙1の油を敷き、野菜を少し炒めます。
油が絡まればOKです。肉味噌を野菜と同じぐらい入れます。
混ぜ合わせれば、お皿にもって、スプーンですくって、レタスに載せ、
甜麺醤も少々載せて、包んで食べましょう。

葱の糸切り、胡瓜の糸切りを一緒に包めばなお美味しく食べられます。
葱はさらして、水気をきっておくこと。

レタスの代わりに、春巻きの皮を少し蒸して使ってもOKです。
市販の四角い春巻きの皮なら、4分の1に切れば食べやすい大きさになります。
お皿で、ラップしてチンでもOK!!です。重ねると、引っ付きます。

何でも、包んで食べましょう。

一度お試しあれ。

 




  

Posted by まる担 おがわ at 01:03Comments(2)レシピ

2010年03月08日

最近雨が続いてます。

こう雨が続くと、屋台は厳しいです。

なんといっても外です。もっともっと担担麺を精査し、
商品を高めないといけません。

こんな雨に負けていては、屋根も、壁もできません。
所詮テントどまりになってしまいます。

雨も降るたびに、日々の気温は高くなる季節です。
課題は果てしなく続き、今度は、気温、虫との
戦いの火蓋が斬られようとしています。

そんな中、雨風ごときに、負けている場合ではありません。
雨が降っても、まる担 おがわの担担麺が食べたくなる、担担麺を!!

自分の能力のなさを、雨風のせいにしてはいけませんね。

今週もまた、ぐずついた天気が続きますが、天候に左右されないような
担担麺を提供しなくてはと、思いつつ時間だけが過ぎていきます。

初心を振り返り、もっともっと努力しないといけないと痛感しています。

こんな天候の中、足を運んでくださる、お客様に感謝しつつ、
常に前進あるのみです。

日々進歩の、一期一会 まる担 おがわ でした。
  

Posted by まる担 おがわ at 03:10Comments(7)屋台課題

2010年03月05日

一週間も更新できず。

本日の肴は、手羽もとの山椒ソース掛けです。

一週間も、ほったらかしにしてしまいました。

コメントの作成画面で睡魔に襲われること数回、

パソコンに触れずに睡魔に襲われること数回、

折角パソコン買ったのに、屋台でも更新できるように

情けない限りです。

最近常連様も少しずつ増え、屋台に、2辛、1,5辛が飛び交うように
なりました。

ラー油も飛ぶように売れ「たらいいな!」と思っています。

明日もぐずついた天気みたいですが、雨ニモマケズ、風ニモマケズ

でがんばります。

しっかりとした担担麺が出せるように、日々初心ワスルベカラズ。です。

続けて更新できるように努力します。

 
  

Posted by まる担 おがわ at 18:49Comments(2)メニュー