京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  西京区

新規登録ログインヘルプ


2010年03月10日

寒いです!!!!

冷たい雨が、降っています。キビシーィ~

一雨ごとに暖かくなるはずの雨ですが、雪が降っているところもあり
大変です。

晴れの日ばかりでは、作物も困りますが、こう雨が降ると大変です。

暖かくなるころには、少しさっぱりしたメニューも開発しないといけません。

現在考案中は、ビビン麺風か、韓国風冷麺をまる担風に、アレンジしたいです。

どこまで開発できるかはわかりませんが、さっぱりまる担冷麺をがんばります。

まだまだ寒いので、体の温まる辛い担担麺もまだまだ健在。

真夏でも担担麺がやっぱり、まる担おがわの看板には変わりないのですが、

あまり大きな風呂敷も広げられないので、まず担担麺をメインに

徐々にがんばります。

今日は、まる担特製 甜麺醤(テンメンジャン)を1つ書き加えます。

八丁味噌          500g
濃口醤油          30cc
日本酒           50cc
砂糖            230cc
水             200cc
純正の胡麻油        40cc
白絞油(サラダオイル) 60cc

①ボウルに水、醤油、酒に砂糖をよく溶かす。
②大きな鍋で八丁味噌に①であわせたものを、よく混ぜ合わせる。
③火をつける前によく底から混ぜる。(八丁味噌がだまになって無いように)
④中火でよく底から混ぜながら、沸騰させていく。
⑤沸騰してきたら、急に味噌が重たくなり、手に飛び散ってくる。
⑥根気よく照りと粘りが出るまで練る。(約15分から20分)
⑦合わせた油を、30ccずつ練りこむ。(3回に分けて入れる)
⑧最後の油が馴染んだら、火を止めて、少しの間底からよく混ぜ合わせる。

きれいな蓋付の入れ物に入れて、冷蔵庫に入れましょう。1ヶ月ぐらいは
ちゃんと練りこめていたら持ちます。

ちょっと楽しい中華料理をまる担特製 甜麺醤使って紹介します。

合挽きミンチのレタス包みをご紹介!

合挽きミンチ        200g
胡椒            少々
白絞油(サラダオイル) 大匙1
濃口醤油          大匙1          
日本酒           大匙1  
甜麺醤           大匙2

鍋に、サラダオイルをしき、ミンチを炒めます。
胡椒を少々二振りぐらい入れたら、ばらばらになるまで
よく炒めます。
濃口醤油、日本酒、甜麺醤を入れ、スープが透明になるまで
よく炒めます。

担担麺に載っている、肉味噌の完成です。

包むレタスを用意いたしましょう。芯をくりぬき、
一枚、一枚はずします。お好きなだけ用意したら
手のひらサイズのレタスでしたら、2~3枚に切り分けましょう。

後は、人参、たけのこ、三度豆、ジャガイモ、しいたけ、何でも冷蔵庫にある野菜を
荒ミジンに切ります。あまり大きいとレタスで包みにくいし、ミンチより少し大きいぐらいで

切った野菜は一度ボイルしましょう。
鍋に、小匙1の油を敷き、野菜を少し炒めます。
油が絡まればOKです。肉味噌を野菜と同じぐらい入れます。
混ぜ合わせれば、お皿にもって、スプーンですくって、レタスに載せ、
甜麺醤も少々載せて、包んで食べましょう。

葱の糸切り、胡瓜の糸切りを一緒に包めばなお美味しく食べられます。
葱はさらして、水気をきっておくこと。

レタスの代わりに、春巻きの皮を少し蒸して使ってもOKです。
市販の四角い春巻きの皮なら、4分の1に切れば食べやすい大きさになります。
お皿で、ラップしてチンでもOK!!です。重ねると、引っ付きます。

何でも、包んで食べましょう。

一度お試しあれ。

 




  

Posted by まる担 おがわ at 01:03Comments(2)レシピ