京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  西京区

新規登録ログインヘルプ


2010年01月14日

世の中でがんばっているお父様へ

屋台を始めて、飲食リーマンをしているときより、
屋台を休む時がこんなに恐怖だとは思いませんでした。

一応オーナーですから、好きなときに休めるはずなのですが、
休むと、「何や休みか、せっかく来たのに。」と思われて
来ていただいたお客様に失礼ではないのか?とか
次着てくれないのでは?勝手に思ってしまっています。

ただ一人でやってる以上休みはきっちり取らないと
今後の長い道のり、野望を達成できないとは思っていますが
精神的に休まることはありません。

今日は息子の誕生日です。今回こそはきっちりお祝いを
しようと思っています。

サラリーマンの皆様、会社での経営に携わっている皆様
家族の支えなしでは仕事はちゃんとできません。
ある有名企業では、奥様、ご子息の誕生日は休暇にしている
奇特な企業もあります。

優先的に有給を使えるようなシステムは必要ですし、
管理職は、自分の部下の家族構成、ぐらいは把握し、
管理職から進めて有給を習得できる環境を整えるべきだと思います。

こんな時期に、企業から脱落したやつが何を言っているのと
お思いでしょうが、企業から脱落して、自分で起業したからわかり
企業のための高レベル人材の確保、今後の不況を乗り切るには
人材の更なる教育しかないと思いませんか?

失礼ですが企業のために働いているやつなんかは、使えませんよ
企業にとって都合がいいだけです。
自分のために、企業を利用(言葉は悪いですが、いい意味で)しているやつが
企業の業績を引っ張っているのだと思います。

今の世の中企業を生活のために辞めれない人はたくさんいます。
働きたくても、働けない人もいます。失業率も下がりません。

それでもがっばている人を大切にされていると思わす、企業が
今後の、日本を支えるのだと思います。

勝手な御託ですが、自分が起業し、生活がかかっているからこそ
企業のありがたさが身にしみてわかるのです。

今後の日本企業に期待しています。

まる担 おがわ
  

Posted by まる担 おがわ at 09:11Comments(2)人として

2010年01月14日

あせり!!!

雨が初めて、降りました。当然の自然の摂理ですが、屋台にとっては致命的です。
子供のころ、お祭りが雨で流れると残念でなりませんでしたが、
夜店の人たちはもっと深刻だったことに、40年後の今気づきました。

自分がその立場に立ち、体感しないと人間は深く感じられないのでしょうか。
まだまだ修行と、学識が足りません。

飲食リーマンとして働いていたときも、「何で?こんなことがわからないの」
「なぜ、できないの?」と不思議に思っていました。

その上、OFF-JT、OJTの教官として新人の教育に携わって来ましたが、
そらこんな形式ばった、教育では何も物事はできないのでしょう。

知識が増えることに越したことはありませんが、やはり僕のような無知な
人間には、体感、実際の経験しか100%身につけることはできませんでした。

これからも体感と自分自身の経験しか感じることができず、その経験を
通じて自分が考え成長していかないといけないのだと思い知らされました。

雨にも感謝し、今後雪、風、虫、夏の暑さどんどん課題が、
担担麺の味だけでなく降り注いできます。

日々の経験と予防する先読みの見識を磨きつつ、課題をクリアーして
行こうと思います。

気分はいつも
で生きたいです。

   

Posted by まる担 おがわ at 08:43Comments(0)屋台課題