京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  西京区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年12月30日

来年も良い年でありますように。

今年も残すところ、あと30時間あまりです。
僕にとっては激動の一年でした。
その上非常に有意義な一年でした。
来る年も、去り行く年も僕の人生の中では、非常に大きな節目の
年になりそうですし、成功のための地盤を築く年に、していかなくてはいけません。

今何が一番楽しいのかといいますと、お客様とお話できること、
再来店いただいたお客様に、はじめに提供した、担担麺と同じ、それ以上の担担麺が
提供できているかを考えながら仕事ができることです。

こんなに仕事が楽しいものだなんて、今まで知りませんでした。

この発見と、人の温かさを非常に感じた一年に、感謝し、
人の温かさを、教えていただいた皆様に、感謝、感謝、感謝、感謝です。

当然、無理を承知で許していただいている家族にも感謝です。

近隣の皆様の暖かいご支援にも感謝、感謝です。

この感謝を必ず成功に替え、いつかは恩返しができることを目標に、
来る年に向けてがんばります。

今年は大変お世話になりありがとうございました。


いつ来てもいただいても、心のこもった暖かい、担担麺を提供いたします。




  続きを読む

Posted by まる担 おがわ at 16:45Comments(0)感謝・神頼み

2009年12月29日

汁なし担担麺パート2・・・・・・

昨日女性の方で、「小食なのであまり食べれないので」と言われたので、「汁なし担担麺いかがですか?」
とお勧めしたところ、非常に喜ばれていました。

ありがたいです。お客様の美味しそうにお召し上がりになられる顔を見ながら、話しながら仕事ができるってことは、何事にも替えがたい、至福のひと時です。

僕の座右の銘は、ですが、常にこられたお客様に、今できる最高の担担麺をお出しし、楽しんでいただくことのできる、今の仕事は本当に楽しくて仕方がありません。

この楽しさを未来永劫続けて行けるように、まず売り上げを生活の基盤とベースに乗せることが、
「美味しかった、また来るわ!!」といっていただいたお客様へのまる担 おがわとしてのせめてもの恩返しであり、重大な責任だと思います。

話は大きく外れましたが、お持ち帰りととしては、汁なし担担麺は大有りだと思います。
もう少し研究を重ねます。

闇夜に、担担麺色の暖簾と、白い提灯が末永くよらめくころとを、励みに、後年内二日がんばります。

  

Posted by まる担 おがわ at 06:14Comments(0)担担麺

2009年12月28日

担担麺は汁あり・汁なしどっち????????

私の持論で大変申し上げにくいのですが、担担麺は元祖汁なしです。
がしかし、今の日本で担担麺は汁ありです。
私は汁ありが好きです。汁ありを今こられている、お客様に提供しています。
僕の知るところ、レシピはほとんど変わりません。
あわせ醤油が違うのと、花椒油(ファジャオユウ)四川山椒の香りをうつした香味油のことです。
が入ることぐらい、カシューナッツの砕いたの、シャンツァイ(コリアンダー)を入れる人もいます。

ただ、同じような材料、食材、調味料を使ってもまったく違う味がします。
お試しになりたい方は、当店?当屋台まる担おがわでお試しください。

メニューにはありませんので、口頭で汁なし担担麺といってください。
男性の方でしたら、担担麺汁あり、汁なしを同時にお召し上がりになれる量です。

辛くした、汁なし担担麺は、ビールのあてには最高です。

あくまでも裏メニューです。陳健民大先生に敬意をはらって、担担麺は汁ありです。

僕ら世代のちょっと前、S35年生まれぐらいの方が、19歳で四川飯店に入店したころは、
今の三分の二ぐらいの汁の量であったと先輩は言っていました。

汁なしはブログのみの裏メニューです。あわせしょうゆに限りがありますので、
お試しになりたい方はお急ぎを。


  

Posted by まる担 おがわ at 16:30Comments(1)担担麺

2009年12月25日

聖夜に

キリスト教徒でもなく、がちがちの神教信徒ですが、クリスマスはクリスマスです。
イブの夜は、各家庭でクリスマスのパーティーが開かれていると思います。

ICON97メリークリスマスICON155

私の実家ではクリスマスは、ケーキ型のアイスクリームで箱に入っていた、ドライアイスが
非常に印象的で、なぜかいつも白い煙がぽこぽこ出るのを、兄弟3人で眺めていたのを懐かしく
思います。(あのころはそんなことでも楽しかったのです。)

日本は物量では非常に豊かになり、携帯電話(昔待ち合わせは喫茶店とか、だった様な気がします。)
なんてそのときは創造もしていませんでした。(スタートレックでは腕時計型の端末がありましたが、そんなのはTVの世界。)
車も一家に一台が夢に近く、テレビは白黒、エアコンなんてありません。

物欲が変化した今、心が豊かではなくなったのかも知れません。自分の息子にも、
物を与えすぎているのだと今反省しています。

生活が便利になることは非常に楽しく、良いことだと思いますが、あまり便利になりすぎるのも
想像力を低下させ、工夫をしなくなるのではと思います。

自分の反省も込め、来年は無駄使いを減らし、創意工夫をし、経費をかけずに、
屋台がより良い環境になり、美味しく食べられるように努力します。

この年末に向けて、雨風対策プロジェクト第二段を発令(誰に?)し、少しでも暖かい中で
担担麺をお召し上がりになれるように努力いたします。

前に飲食リーマンをしていた会社で、イブに担担麺の出張を行ってきました。
やめた社員に対して、社長、専務、部長以下、皆様に食べていただき、非常に感謝感激です。
女性の皆様には給湯室で、洗い物までしていただき大変ありがたかったです。
また、お世話になりに行きます。そのときもよろしくお願いします。
(私に大変ありがたいクリスマスプレゼントでした。)

一人で勝手に起業し、一人でやってるように見られがちなこの商売かも知れませんが、
何一つ一人ではできないことがひしひしと身にしみる、今日この頃です。

上に書いてある心が豊かで無くなったは、大訂正です。
周りの人の心のやさしさの中で、起業し、営業し、日々の糧を得ているわけです。感謝感謝!!!

商売繁盛して、周りの方々にお礼ができるようにがんばる決意を、
改めてした、聖なる夜でした。

 

  続きを読む

Posted by まる担 おがわ at 06:27Comments(1)人として

2009年12月24日

雨、雨、雨、

営業を始めまして早一週間、早いものです。こうやって時間は刻々と流れていくのかなと思うと、非常に恐ろしいです。気を引き締めて日々の営業をしていかないと、運転資金もアッと言うまになくなってしまいそうです。

本日営業をはじめから最初に雨が降りました。雨風対策プロジェクト発動していてよかったです。
掘っ立て小屋以下ですが、とりあえず本日ぐらいの雨ならしのげました。
日々改良が必要です。

今日みたいな、雨の中かさをさしてまで、訪ねていただける幸せをかみ締めながら、日々の努力を怠ることなく、来て頂いたお客様を、いつも変わら無い味でお出迎えしなくてはならないことを痛切に感じました。

今日ご近所の息子の同級生のお父様とお話する機会があり、その中で、「仕事が楽しい。」がキーワードになりました。当然私も元飲食リーマンです。楽しいときもあれば、楽しくないときもあります。
ただ、生活と言う責任もあり、「仕事はしんどいもの」と言う固定観念はありました。

でも今は違います。本当に心のそこから楽しいです。売り上げ、生活の不安、責任は飲食リーマンの時となんら変わりません。以前にもまして、お世話になった方々へのプレッシャー、自分の決断へのプレッシャーは、相当なものです。

でも本当に楽しいのです。これからこの楽しさが変わっていくのかも知れませんが、今は「仕事が楽しい」と大きな声で、正直に言えます。

もっと、もっと仕事が楽しくなるように、誠心誠意、担担麺を作って行きたいと思います。
それには、生活がちゃんと行えるように、販売数量も伸ばしていかなければなりません。
他力本願ではなく、自力実力で勝ち得ないと長続きをしないことも頭に叩き込み、これからの営業をしていきたいと思います。





こんな柄の車が走っていたら、「あっ」まる担 おがわ 壱号 だと思ってください。
(まだバックモニターになれません。いつになったらちゃんとバックモニターで、ビタビタのバックができるのでしょうか?)

   

Posted by まる担 おがわ at 02:40Comments(0)人として

2009年12月22日

本日は、徳島の四川飯店からわざわざ屋台へ

四川飯店で、大変お世話になった方が、突然屋台の前にたっていました。
びっくりするや、恐縮するやらで、一瞬何が起こったのかわかりませんでした。

徳島弁で「観に来たジョ」徳島の女性がお使いになる懐かしい方言でした。
ありがたく、すごく懐かしかったです。

担担麺も、屋台もほめていただき超舞い上がってしまいました。
懐かしい話も交えながら、楽しいひと時でした。

四川飯店での修行時代、仕事は一生懸命したつもりですが、それ以上にハチャメチャに遊んでもいました。
今考えると、常軌を逸してたかのようでした。ただ今となっては懐かしく、いい思い出です。

いつも足跡を残していただいている藤井様が、「才能の賞味期限は短い」とブログに書いておられます。
時期、タイミング、すべての時間の流れがピンポイントで進んでいると思います。しかも高速で。
私の開業の時期が良いか悪いかはわかりませんし、私の場合才能と言うものではありませんが、
ひらめきなど、物事を考え、実行に移すときは、ほんとうに少ない何かの時間がかみ合った結果だと思い、
単純な私は、「才能の賞味期限は短い」を勝手に解釈してしました。(藤井様との解釈の違いは歴然としているかも知れません。お許しを)

昔の古い友人、諸先輩方は、口をそろえていいます。「お前らしい、なんかやると思ってた。良いも、悪いも」人間はなかなか、変われませんし、たぶん変わらないと思います。ただ日々進化、進歩は、その人の努力しだいだと思います。
時間に流されないように、しっかり自分を見つめて、屋台を営業していきたいと強く思います。

   

Posted by まる担 おがわ at 16:48Comments(2)エンジェル

2009年12月22日

”適応能力”

人間の適応能力てすごい。
寒くて、寒くてたまらなかったのですが、5日も外にいると、寒さもましになってきましたが、
昨日はびっくり、体の芯から冷えました。

それでも、お越しになっていただけるお客様がいらっしゃることが、大変ありがたく感謝感謝です。

昨日からはじめた、雨風対策プロジェクト第一弾、ビニールシート屋根が半完成。
でも見上げると、月、星が見えていたのに、今は、汚いビニールシートの青色が広がっています。
もっとおしゃれな色無いのでしょうか。

本日は、風除けをまず一箇所設置をもくろんでいます。
どんどん車を動かしづらくなってきました。(一応移動販売車なのですが。)

きていただけるお客さまに少しでも暖かいところで、召し上がっていただきたいのですが、
なにぶん、素人工事では、本当に雨が降ったときに心配です。

工事関係のお客様あればまた、ご助言ください。

今から開店準備です。失礼します。

 まる担 おがわ



  

Posted by まる担 おがわ at 10:57Comments(0)移動販売車

2009年12月21日

神様に感謝!!!!

京つう的おすすめBLOG更新に選ばれてました。http://staff.kyo2.jp/e161743.html
すごくうれしいです。(何でうれしいのだろう?わからないけどうれしいです)感謝!

雨対策も完成(計画もなく)もせず、勢いで屋台をオープンさせ、早五日。
恐ろしいほどの無鉄砲さの、自分に驚きながらも、奇跡的に神様のご利益をいただき、
小雨すら無し、屋台の完成、保健所の審査、プロパンガスの申し込みなど、皆様の
ご好意に甘えただけなのに、その上、神様までに、こんなに運を使い果たしては、
この先どうなることやら、神様のご機嫌を損ねる前に、雨、風対策を完成させるぞ!!オー

本日もご来店いただいた皆様大変ありがとうございました。

本日は京都、先斗町で30年を超える営業を続けている、大大大先輩のマスターがわざわざ
西京区まで、ご来店いただき恐縮でございます。

年に数回しかお邪魔できず、いつも酔っ払ってからマスター、ママさんにご迷惑ばかり、
でもいつ行っても、旬の料理が大鉢に盛られ、ついついたっぷり頂いてしまう、
頂くと、心が透き通るような、シンプルな本物の味、心癒される空間です。
ここまで書いて、お店を内緒にするのはちょっと気が引けます。

先斗町の四条より(三条よりかは)四条から三条に向かって歩いて、左側の路地を入って、
二階に上がります。先斗町の通りと、路地にシンプルで味のある、大きすぎない看板が
あります。心癒されたい方は期待を裏切らないと思います。

写真の右側に二階に上がる階段があります。

お待たせしました。お店の名前は「先斗町 竹澤」どのです。(僕のレベルでさんは使えません。)
先斗町へお出かけの際は、探してみてください。
はい、ホームページです。http://nishiosr.weblogs.jp/takezawa/

明日からは、雨対策工作パートワンのスタートです。お休みなさいませ。

 まる担 おがわ





  

Posted by まる担 おがわ at 01:52Comments(0)エンジェル

2009年12月20日

毎日毎日ラーメン

小学生の息子にも、毎日毎日ラーメンばかりで、大変迷惑をかけています。(ごめんなさい!)
彼の小学生仲間の販売促進では、非常にお世話になっています。

私は、サラリーマンでしたので(土日勤務の)ご挨拶にご近所を回りますと。皆様が「あっ!〇〇君のおとうさん」の連発でした。

私の知名度は0ですが、息子の知名度は、よくも悪くもありました。

そこからは、話がしやすく、大変ありがたかったです。

息子の知名度に負けないように、まる担 おがわの野望は、どんどん大きくなります。

不安も日々大きくなっていきますが、お客さんとお話をさせていただくと、また野望が出てきます。

自分に負けないようにするため、奮い立たせるためにはじめたブログです。

今日も一日がんばります。

 まる担 おがわ  

Posted by まる担 おがわ at 09:05Comments(0)エンジェル

2009年12月19日

さぁ 美味しい担担麺のために

本日は二回目の投稿なので、まる担の由来をご紹介。

屋号は大切だと思い、2年ほど前から、「激辛 タンタン」「担担麺屋小川」「屋台担」「担」「おがわ」「小川」「屋台 おがわ」ありふれた名前を考えていました。イメージカラーはやっぱ赤、鮮やかなスッカとした赤、文字は篆刻などと妄想を膨らましていました。

担担麺は元来、天秤棒で担いで販売する。屋台の粉もんです。天秤棒で運べる重さは当然限界がありまして、少しでも軽くが始まりで、汁なししかも、ラーメン鉢などではなく、小菜(しゃおつぁい)の三口ぐらいの元祖ファーストフードです。今では、本場四川・成都などでもほとんどお目にかかれず、しかも担担麺の登録は、国が管理しています。話がそれてきたので元に戻します。

担担麺は、ラーメンのカテゴリーとして十分地位を確立している昨今では、坦々麺、タンタン麺など世にありふれています。ここは本来の天秤棒を担いで販売した、由来をいただき(勝手に)担ぐをメインに、担担麺のスープの色を再現しました。

担ぐには、味の責任、安心・安全への責任、地域への責任もすべて担がなければならない、心の現われをあらわしたかったのです。(また大きなことをと、お思いのあなた)社会で生活している以上、当たり前のことだと思いますし、皆様ももっともっと大きな責任を担いで生活をされていると思います。

小さな屋台ではありますが志は大きく、担ぐと言う字に恥じないようにと思い、まる担 おがわの屋号が完成しました。一人では何もできない世の中ですが、まず一人ひとりがしっかりとした、考えを持つことが大切だと考えます。





あっ、やっば早く開店の準備をしなくては、また心に余裕ができたら、調味料レシピ添付します。

一期一会 まる担 おがわ  

Posted by まる担 おがわ at 17:00Comments(2)担担麺

2009年12月19日

昨日ネットつながらず、びっくり

耳がちぎれそう中、ご来店いただきましたお客様、大変ありがとうございました。
二度目のお客様が、お越しいただきました。感謝感謝です。

あまりにも足元が寒く、どうしようもなかったので、電気ストーブ(チョー安いやつ)ですが、2台用意しました。一台は後輩からのプレゼントです。涙、涙です。

お客様をお待ちしている時間の不安なことときたら。今は、販売促進、宣伝期間だと。
思ってスタートしたにもかかわらず、人って勝手なものです。

今日もがんばります。

ブログを見てご来店いただいた方。一声かけてください。12月中は炒飯サービスします。
(売り切れの際はご容赦を!!)

本日も寒い中ですが、ご来店お待ちしています。残念ながらPはありません。
食事時間なら、とめられるところはあります。

屋台の前は、バス道で、車を停車できませんあしからず。

一期一会 まる担 おがわ   

Posted by まる担 おがわ at 10:55Comments(0)メニュー

2009年12月17日

ありがとうございます

昨日オープンいたしました。
やっとここまできました。でもこれからがスタートです。
お越しくださった皆様、ありがとうございます。
今までご協力、ご助言、ご指導いただいた方々、本当にありがとうございます。

ご近所の皆様にも、暖かく見守っていただけるような、屋台にしていかなくてはならないと強く思った日でした。

これから始まる、 屋台 担担麺屋 まる担 おがわの野望のスタートです。リセットボタンなしの
まる担 おがわの野望 乞うご期待。

最後に、本日の気持ちが薄れることのないようにいたします。

ぜひとも一度お越しください。まる担 おがわ 一期一会


画像が荒れておりますがご勘弁を!  

Posted by まる担 おがわ at 10:03Comments(6)人として

2009年12月16日

おはようございます。

さぁ オープンです。
やれるだけことを精一杯やります。

神様ありがとうございます。 どうにか雨だけは避けられたようです。

一期一会 まる担 おがわ  

Posted by まる担 おがわ at 06:44Comments(0)人として

2009年12月16日

やっと仕込み終わりました。

明日は(今日ですが)まだ寝てないので明日にしてください。
いよいよです、期待と不安の葛藤が続いています。

仕込みをしながら、あれも忘れてる、これも忘れてるの連続でした。
明日も早くから、合板のカットが待っています。
ラーメン屋に合板のカットって、と思われますが、非常に大切なことです。

駐車場が傾斜してまして、横向けにとめるとお湯が、斜めになるのです。それを少しでも解消するために
明日は、大工仕事からスタートです。

少しでも寝ます。おやすみなさい。雨だけは降らないでください。お願いします。
この冬一番の寒さが到来です。

一期一会 まる担 おがわ

PS, ラー油今回辛くなってしまいました。やっばいほど辛いかも。あっと量減らせばいいのでした。  

Posted by まる担 おがわ at 02:58Comments(0)メニュー

2009年12月15日

いよいよ緊張して来ました。

本日やっと、ご近所様のご挨拶を済ませ、少しほっとしたと思ったら、何か体の中から緊張感、高揚感?
胃は痛いし、歯は浮くし、やっぱり怖いのでしょうか、今まで味わったことのない感じです。

オープンの案内のはがきが、恩師に届いたので、電話が鳴りっぱなしでした。
心配をしていただき、こうしたらよいなどのアドバイスをいただき、涙が出るほどありがたかったです。
四川飯店の大先輩の方々は、担担麺には全員並々ならぬ思い入れ、自分のスタイル、先輩からの享受、もっとも大きい陳健民大先生考案の歴史、伝統など、四川飯店への並々ならぬ思い入れがあるのでしょう。

私も、諸先輩方にご迷惑のかからないように、味の目標を高く掲げ、がんばってまいる所存でございます。

諸先輩方には、なにとぞ暖かい目で末永く見守っていただけ、またご指導いただけるように日々努力いたします。

京つう、ブログをごらんの皆様の期待にこたえられるように、精進してまいります。

まず、きていただいたお客様に、「おいしかった、ご馳走さん。また来るわ!」といっていただけるように、次のご来店時も変わることのない担担麺を、お出しできるようにいたします。

本日は、まだ仕込が残っていますので失礼します。

一期一会 まる担 おがわ    

Posted by まる担 おがわ at 02:27Comments(1)屋台課題

2009年12月14日

励ましのお言葉、大変ありがとうございます。

励ましのお言葉ありがとうございます。

近くにお住まいでない方、朗報です。(自分で言うのもおかしいのですが)

私 まる担 おがわ は、軽自動車の屋台でございます。

京都市内であれば、道路上でなければどこでも営業できます。(車を止められることが条件、歩道もだめ)
会社の昼食などで、会社の駐車場のスペースをそのときだけ、準備(30分)食事をされる時間(30分)
片付け(30分)約2時間弱、しかもスペースは最小で駐車スペース1.5台分(二台分あれば楽勝)
お貸しいただければ、どこへでもいける便利なラーメン屋台なのです。

当然お仕事として、生活の糧を得るために屋台を始めようとしているわけでありまして、出前のように
「担担麺一丁、ライス一丁」では、ガソリン代もままならないのが現状ですが、少しまとめてご注文を
いただけるのでありましたら、宣伝広告もかねまして、参上させていただきたいと思います。

会社の場合は、個人的にはなにとぞお許しください、作ってて、総務の偉い人に「こんなところで何してんねん、誰の許しもらってやってるんや!!」といわれないのであれば大丈夫ですが?

てなわけで、外で寒い中で食事をしていただかないといけないのですが、そのような、メリットも軽自動車の屋台ラーメンはあると思います。

わけのわからない、どこの馬の骨かもわからないやつですが、怖いもの見たさで面白いやんと、思っていただける方は、防寒衣を着てからお気軽にお電話(09039735093 まる担 おわが)をくださいませ。よろしくお願いします。

話は少し変わりますが、ちょっといやなニュースが、Yahoo!に出ています。路上弁当販売、飲食店「まった!」
500円を切るオフィス街での路上弁当販売の取り締まりが強化されることになったらしいです。


記事の全文を載せてしまいましたが、飲食店は正しい論理なのでしょうか?僕には少し疑問です。

昼食時になると、オフィス街には弁当を販売するワゴンが続々と集まってくる。ほとんどが500円以下、懐寂しいサラリーマンの強い味方だ。ところがオフィスが集中する東京都中央区で弁当販売の取り締まりが強化されることになった。港区や千代田区も厳しくしている。

 中央区は2010年1月から路上での弁当販売に対し監視指導を強化する。規制対象になるのは、ワゴンや机に弁当を並べて販売している「行商」。東京都の条例で、行商は「人力により移行しながら販売すること」と定めている。立ち止まっていいのは、客に商品や金銭を渡す時だけで、「客待ち」は禁止だ。ほかにも、温かい弁当を扱うことはできない、人が一人で運搬できる量しか売れない、いった制限がある。


■「安い弁当のせいで客足が遠のいた」
中央区日本橋のオフィス街には平日11時30分から12時30分まで、弁当や総菜が乗ったワゴンや机がずらりと並ぶ。1カ所につき12~13の「行商」が集まる。

これに対し、近隣の飲食店は「500円以下の安い弁当を売る行商のせいで客足が遠のいた。営業を妨害している」と反発する。固定店舗を持たない行商は家賃などがかからないので、その分、弁当を安くできる。「同じ土俵に乗っかっていない」というのが飲食店側の言い分で、中央区は規制を強化することにした。

オフィス街のある千代田区や港区などでも取り締まりを強化している。

港 区では10年前から弁当の行商が問題になっていた。当時は行商の定義がはっきりしていなくて取り締まれずにいたが、07年12月に都が定義したのをきっかけに08年から規制を強化。行商するには鑑札(行商の免許証)が必要になり、07年まで年間およそ100件出してのに、08年は6件、09年は18件と大幅に減った。

■「お客さんに余計なことをするな、と怒られた」
ところが港区食品広域監視係の職員によると、港区が鑑札を出さなったからといって弁当行商が大幅に減ったわけでもない。23区共通で、他の区で発行した鑑札を持っていればどこでも使える。当然、規制がゆるい区で申請すればいいと考える人もいるし、そもそも「鑑札」そのものを持っていない場合もある。

取り締まりを厳しくしても、弁当の行商が一向に減らないのは需要があるからだ。不景気で懐寂しいサラリーマンは、安い弁当に殺到する。

2010年1月から取り締まりを強化する中央区の食品衛生係の担当者も、

「行商では300円台から弁当を売っています。指導にいくと、お客さんに『余計なことをするな』と怒られたこともあります」

といい、なかなか規制は難しそうだ


上記の斜字が記事全文です。下線部分が僕の大きな疑問です。私も数ヶ月前まで、通算24年間飲食店で勤めていました。固定店舗を持たないから、家賃の分経費が安いから、安くできるから、同じ土俵にない!!
僕が、無知なのか、意味がわかりません。

許可を取らずに販売することにカンしては、当然× 殺人未遂もしくは、業務上過失致死に近いと思いますが、許可を持って販売している方は、努力しているから、あの価格での販売が可能なのではありませんか。
雨の日に、路上販売してる、弁当屋さんの努力を飲食店の方はご存知なのでしょうか?

自分が屋台をしているからそう思うのかも知れませんが、店舗は雨風がしのげるじゃないですか。
だから、地代家賃が高いのです。リスクは、行商や、移動販売の方が、絶対多いはずです。

店舗を持たないほうが、確かに経費も安く、小回りは利くと思いますが、その分、販売能力にも限界があり、店舗とは比較してはいけないと思います。
努力もせずに、地代家賃の差で、同じ土俵に乗ってないだと!!!
はじめから土俵どころか、本場所と地方巡業ぐらいの差があると思います。


こんなことから、また全国的に摘発が広まれば、昼ごはんを我慢するお父さんが出てきますよ。
馬鹿な飲食店にだまされてはだめです。行列の店、予約も取りにくい店など、いっぱいあるわけで、
どこも本当に今何が必要かを理解し、実行して、今の繁盛がある、店ばかりだと思います。

えらそうに商売も始めてないやつが書きやがって、商売のつらさもわかってないと言われるかもしれませんが、自分自身が、会社、屋号に(飲食店リーマン)あぐらをかいてきたことが、会社を退職してから痛いほどよくわかりました。東京の飲食店の「同じ土俵じゃない」とおっしゃった方、努力が足らないか、努力の仕方、方向、考えた方が・・・・・・!

ああこんなこと書いてしまった。自己嫌悪です。でもあの記事は今の僕からは、見逃せませんでした。
書いたことには、責任は取ります。僕の考えなのですから。

一期一会 まる担 おがわ





  

Posted by まる担 おがわ at 00:16Comments(1)屋台課題

2009年12月13日

本日屋台やっと完成?

本日100%完成予定でしたが、完成すると完成するでアッと気づくことがあってなかなか完成しません。
昔の建物みたいに、非完成(未完成でした)のほうがよいとした考えの方が自然かも知れません。
昔の人はすごい、完成してしまうと、その瞬間から、崩壊が始まると考える。

私も、そう考え、少し未完成部分を残しました。

暖簾のかけ、昨日紹介した、提灯も点灯してみました。なんかお店みたいです。
明日から、やることがいっぱい、何から手をつけていいか、わからないですが、ひとつずつこなして行こうと思います。

まだまだ不安と、期待が入り混じる毎日が続くと思いますが、がんばってクリアーして行こうと思います。


ステンレス部分も今日磨きました。この輝きがいつまでも続きますように、日々の手入れを怠らないように努力しなくては、いけないと痛感しています。

本日シンナーのにおい少しかぎすぎたかも知れません。頭が少し痛いです。ニスのにおいには慣れません。
営業が始まるまでにこの匂いが取れないと大変なことになってしまいそうです。

本日はここまでです。明日も早く起きて、仕込みをするぞーでした。

一期一会 まる担 おがわ



  

Posted by まる担 おがわ at 22:23Comments(2)屋台課題

2009年12月13日

今日は最後の仕上げ

徹底的に掃除します。ラー油も仕込まなくては。
こんなに時間が経つのが早いとは、早起きは三文の徳ですよね。
今までのぐうたらな生活が、一変しそうです。
でも寝る間が無いぐらいが、ちょうどいいのかも知れません。

ここにきて、今どうして起業しようと思ったのか、もう一度考えなくてはいけない時期です。
自分の思い道理にやると言うことは、自分が全責任を負うと言う事であり、かつお食事をされる
皆様の安全に責任を負うことによって、対価を得られ、私の家族も生存していけるということです。

サラリーマン(飲食ですが)で納得の行かない事はたくさんありましたし、本当にそれが正しいのか、
迷いながら仕事をしていました。
今仕事に対して初めて迷いはなくなりました、でも不安は膨らんで来ました。
不安をなくすぐらいの、自分の信念を貫く強い意志をこれから大きくしていきます。

まだまだこれから新たな課題がいっぱい出てくることでしょう。
ご協力いただいた皆様にもっとご迷惑をおかけするかも知れません。
京つうの皆様もご指導、ご鞭撻いただけますようにお願いいたします。





天(そら)にいらっしゃいます、お天気の神様。どうかお願いです、私に晴れの日をください。

一期一会 まる担 おがわ






































  

Posted by まる担 おがわ at 03:50Comments(0)移動販売車

2009年12月12日

ありがたいことです

本日ただいま、まる担 おがわ1号(2号はお店にするためにがんばります。)到着しました。
やっと届いてこれからなのですが、気分はブルー、本当にやっていけるのか?
切羽詰ると人は弱い生き物です。
でも、うれしいことに、京つうコメントが届きました。
「いよいよ開店ですね、楽しみです。」
ありがたいことです。寒い屋台でのラーメンを楽しみだとおしゃっていただいて、がんばろうと思います。
12月16日にはオープンいたします。日々の感謝と商売を始められることが、皆様のおかげだと信じてがんばります。

苦労して手に入れた、プロパンガスです。新規のプロパンを購入するのはあまり難しくありませが、
ガスボンベの充填を継続して、していただくことは大変なことです。
事故の無い様に心して扱うことを、ここに誓います。

初めて、ペイントを使ってまる担 おがわの宝の地図(場所案内)を書きました。自分ではまあまあとおもっていたら、「何これ、僕より下手やん。小学生以下」と小学生の息子にだめだしを喰らいました。
(反論できない親父は、心の中で、さっきよりはましにできたし、手書きっぽくていいやんなど勝手に自己評価を甘くしてました。)
まぁできはともかく場所はわかります。



営業時間は12時から14時 18時から22時の予定です。
なにとぞ京つう皆様のご来店(野外ですが)アウトドアライフの一環としてお待ちしております。

一期一会 まる担 おがわ  

Posted by まる担 おがわ at 21:38Comments(0)屋台課題

2009年12月12日

いよいよ開店へのラストスパート

やっと開店の準備ももうすぐのところまで来ました。
廻りの人々のご協力なくしては、ここまでたどりつけませんでした。
皆様大変ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

さて、本日は、提灯のお話です。
屋台といえば提灯?(私だけかも知れませんが)のイメージが強くありまして、
早速、後輩に提灯の作成をお願いいたしました。(たまたま知り合いが提灯作りをしていました。)
出来上がり最高です。さすが祇園祭の提灯を作るだけのことはあります。
僕の思い込みを加味して、今まで見たことのある提灯の中で最高の提灯だと思います。
(あまり提灯ばかり気にしたことはありませんでしたが)
最近よその提灯がやけに気になります。

二尺サイズのまる担おがわ提灯ご覧ください。
一番屋台らしいアイテムだとは思いませんか?
後輩に感謝しつつ、恩返しができるように、日々努力しないといけないと強く思う今日この頃です。

冬の寒空の中、いらっしゃていただけるように日々精進いたしてまいります。

一度、昔懐かしい、屋台の担担麺をご賞味していただけれ幸いです。

満月の夜に屋台で辛いラーメンをすするのもおつなもんだと思いませんか。

ちょっと写真がでかかったですが、許してください。

次回は、屋台の車の写真をアップできればいいと思います。  

Posted by まる担 おがわ at 15:50Comments(2)屋台課題